スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

寮に入って1ヶ月の研修が終わり、今度は子会社に半年近く研修に行く事になりました
そして住居が寮からレオパレスに移り、ネット環境が復活しました
研修中の家賃光熱費は会社が全額負担してくれるそうで結構嬉しいです

レオパレスは騒音の面で色々と悪評を聞きますが色々必要な電化製品が揃ってて住みやすいです
IHのコンロが2つ、まともなサイズの冷蔵庫があるだけで自炊する気が大幅に上がっています
以前下宿していた時はコンロ1個、物を切るスペースが無い、
冷蔵庫が小さくて物入らない、冷凍保存が出来ないとまあ酷い有様だったので…
まともな冷凍庫があるのでスーパーとかで見かける2リットルサイズのバニラアイス買いました
実家だとでかくて邪魔と言われて買って貰えず、
今までの下宿先だとアイスを冷凍保存できなかったので買えて嬉しいです

やっぱりアイスはバニラですよね
そう言えば関西圏のネカフェではやたらとアイス食べ放題を見かけたのですがたまたまでしょうか
寮にいた時は土日はかなり観光して食べ歩きして楽しかったのですが、色々と疲れていたみたいです
東京駅に帰ってきた時は帰ってきたーって感じがして凄く落ち着きました

寮にいた時と比べて今の方が楽で楽しいです
こう言う生活が続いてくれるといいんですけどね


おまけに何切る

http://tenhou.net/2/?q=23456m12234667s6s

7sが一番広いですが2356m引いてもどうしようもないので2s辺りを切るのがいいでしょう
1s切りの方がタンヤオ付けやすいですが5sは受けが被っている上にほぼ間違いなく2-5sには取らないので、
この2s抱えるならタンヤオになる孤立牌抱えたほうがマシでしょう


これだけだと味気ないのでこの前何切るで投下した物を

何切る

東家と南家、西家と北家でコンビを組んで合計得点を競う変則ルールで打ってます
2mが2枚見えていて、手役がある分悪くは無いけれどちょっと残り枚数に不安が残りますね
そんな中引いてきた7s
さてどうしますか?


選択肢としては1p4p4sの3通りでしょうか

ぱっと見では打4pが変化と手役の両方を追っているように見えますが、
受け入れを減らして三色を追っている以上、13mを落とす価値のある変化は一通変化の89sだけです
そして入ったところでそこまで良くなっているわけではありません
良形変化が多いように見えて実は…という手です

上家が聴牌濃厚なので、個人的には打4sは十分ありだと思います
すぐに局が終わりそうであればとにかく聴牌しなければ勝負にならないので、
手代わりより早巡の聴牌を優先と言う考え方もあるでしょう

打1pはかなり手代わりを期待した打ち方ですね
まだ巡目が多いので勝負するのであれば勝ちやすい形で勝負したいと言う感じでしょうか

私としては打4pがぱっと見に比べてかなり悪い事が面白い形だったと思います
スポンサーサイト

そろそろまぜろよ

ネカフェからこんにちわ
最近は忙しいと言うより寮の場所が隔離されていて中々外に出られません
もうすぐ連休に入って、その後レオパレスに入る予定ですが


それはさておき、以前からちょこちょこと段階を踏んで確率の話をしてあと何回か話す予定だったのですが、
ネットから離れていたら一番言いたかった事を忘れかけていました
ということで途中ですがその話を軽くしておきましょう


統計を取り、確率や期待値を出す場合、どんな条件の下で出したのかが重要であり、
条件が変わればその確率や期待値は大きく変わる場合もあればほとんど変わらない場合もあると言う話をしたと思います

確率から平均○○巡で~とか○○枚あるから手代わりを~とか厳密に期待値を出すのは重要だと思います
その条件下ではこの位だと言う目安は大事ですから
ただ、期待値のとり方は結構アバウトな条件な事が多いので、実戦でその厳密に出した期待値をきっちり守る意味は薄いんですよね

例として、手を崩して手代わりを待つかどうかの条件です
基本的に手代わりを待つのはデジタルでは不利と言われています
実際に、かなりの手代わり枚数がなければ逆転しないのですが、
逆転するかしないか位の枚数があると、手代わり枚数が多少増減したところでそこまで速度に影響しないんですよ
十分早いなら速度の変動の重要度は下がって打点や点数状況などの他の要素の重要度があがるでしょう
その辺を検討で細かく話しているのを見て疑問に思いましたね

この位の価値があるんじゃないかとか正しく加味していくのは難しいですけどね、
期待値と言うのはあくまでもある条件の下で平均してこの位期待できると言う値の事ですからねえ


あと、人間気を配れる部分には限界があるので
誤差みたいな部分に気をとられて他をミスしてしまうのなら、
上達してその部分に気を配る余裕が出るまで意識しなくても十分かなと思うんですよね
自分の中で優先順位をしっかりつけましょう

自分の打ち方が正しいのかどうか迷ったら強い人に聞けばいいんです
強い人のほうが正しい可能性は高いですから
どうしても誤差が出るんだから本当に細かい部分はアバウトで十分なんですよ


今月の29日から実家に戻れます
麻雀打ちたい…

明日から

奈良まで3週間ほど研修に行って来ます
ネット環境が無いのが辛いですね

土日はネカフェに行こうかな…

味噌煮込罠

そういえば外食した時の写真を撮るだけ撮って携帯に溜めこんでいたので、
以前行ったお店の感想を書いておきたいと思います


東京の本郷の方に、味噌煮込罠(みそにこみん)と言うお店があります
名前の通り味噌煮込みうどんのお店です

味噌煮込みうどんは味噌の国、名古屋の郷土料理です
うどんを味噌で煮込む料理は全国各地にありますが、そちらは主に白味噌がベースとなって作られていますね
ですが、名古屋の味噌煮込みうどんでは八丁味噌などの赤味噌が用いられています
何故、名古屋は味噌にこだわるのか皆さん知っていますか


昔、名古屋が尾張と呼ばれていた頃の話です
八丁味噌が大豊作となった年に、供給過剰で八丁味噌の価格が暴落しそうになりました
いわゆる豊作貧乏と言われる現象です
流通量を抑えなければ価格が下がり続けて生産者の首を絞める事となるため、八丁味噌を廃棄処分しようという動きが出ました

しかし、廃棄処分をした場合に八丁味噌の塩分が土壌に溶け出し、塩害が発生してしまうのではないか
と、当時尾張徳川家の城主は考え、捨てるのはいかがなものか、活用方法を考えるべきだと配下の者に御触れを出すよう命令しました
その結果、当時の尾張藩はありとあらゆる食材に味噌を使うことで廃棄処分をせずに価格の暴落を押さえました
御触れを出した当初はあまり理解されなかったのですが、
危機を未然に防いだと商人を中心として城主の行動は次第に評価されるようになり、
名古屋の人達が今でも味噌を様々な食材に利用するのはその名残だと言われています

民明書房刊 『味噌から見た日本の歴史』より


味噌煮込みうどんは鶏肉、卵、ネギ等の食材を入れるのが一般的ですね
名古屋の味噌煮込みうどんは味が濃く、ごはんと一緒に食べる事も多いそうです
こちらのお店は大分美味しいと言う話なので、期待して行って見ることにしました

こちらのお店のメニューはこんな感じです
こんな物見せられたらイタリアン味噌煮込みうどんに行くしかないでしょう…

イタリアン味噌煮込み

こちらがその時の写真です
上に乗っているのはチーズと、ハーブ系の何かですね
何だったかは覚えてないです

イタリアンは味噌煮込みうどんにチーズとハーブとトマトをどーんと入れた構成になっています
食べてみると意外と美味しいです
トマトと味噌って合うんですねぇ…

ただ、量があるのとチーズの影響で結構最後の方はくどくなってきます
これの他にごはんが無料でおかわりも自由なので、大盛りにする必要は無いでしょう

うどんの固さには感心しました
煮込むとぐだぐだになってしまいそうですが、しっかりとコシが残っていました
思わず色物に突撃してしまいましたが、この店は普通の味噌煮込みうどんも美味しいと思います
汁がはねそうですが、紙の前掛けが貰えるのでその辺は大丈夫です

場所がわかり辛いですが、話のネタにもなりますし、行く機会があれば十分お勧め出来る店でしたね


名古屋には美味しい物もたくさんあるのですが、食文化が独特すぎます
色々言いたいことがありますが、味噌カツだけは許しませんよ

名古屋で草むらに入って野生の味噌カツが飛び出してきたりしたら、
ひっさつまえばで味噌をそぎ落としてソースをかけてやりたいと思います

期待値について

期待値とは
試行の結果が数字で表される場合に、1回辺りどの位の数値が期待出来るのか
そんな意味の言葉です
統計で期待値を出す事は、平均値を出す事とほぼイコールですね

ポーカーなどのように運が大きく絡むゲームでは、
期待値を基にしてどう動くのが一番得かと言ったセオリーが出来上がり、
セオリーを基にして心理戦等の駆け引きが出てきます
大体は自分で出来る事が限られている上に、情報量が少ないので期待値などは自分で簡単に計算出来るはずです

将棋やチェスなどのゲームは最適な打ち方を模索するために物凄い計算を行わなければいけませんが、
プレイヤーの腕のみで決まり、運は絡まないので確率や期待値などを取り入れる意味がありません

麻雀は運の要素と腕の要素が両方とも大きく、
ポーカーのように運の要素が含まれているため、勝つために期待値が重要になりますが、
将棋やチェスのように自分で出来る事や情報の量が多く、さらには不確定要素まで多いので期待値の計算が複雑になっています
これらの期待値を自力で計算するのはかなり無理があるでしょう

基本的には確率の考え方と同じなのですが、期待値が複雑になってしまう原因を一つ挙げておきましょう
麻雀は収支や順位を競うゲームなので、
得点期待値が高い打牌が優れているとは限らないと言う点です

オカは2万5千の3万返しなので、+15、-5、-5、-5です
ウマは例えば10-20であれば+20、+10、-10、-20となっており、
この場合、1着まくりには+30の価値、2着まくりには+20の価値、3着まくりには+10の価値があります
点数状況によって得点の価値が全然違っている事自体は理解している人が大半だとは思いますが、
2着まくりと3着まくりの価値が違うなど、あまり意識した事が無い人も多いのではないでしょうか

得点期待値的に考えると損だとしても、全体を考えると無理して大きな手を狙った方がいい、または安手で確実に上がったほうがいい場面と、
色々意見が分かれて面白いのですが結論を出すのが難しいですね

麻雀は不確定要素が多いので期待値に頼りたい事が多いのですが、
その肝心の期待値を調べる事がまた難しいのはどうしたものか…
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

古明地さとりん

Author:古明地さとりん
天鳳で麻雀とかやるよ
フリーは2級でR1800行ってから面倒になったので放置中
疑問、質問、忠告等々ありましたらコメント欄にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。