スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

寮に入って1ヶ月の研修が終わり、今度は子会社に半年近く研修に行く事になりました
そして住居が寮からレオパレスに移り、ネット環境が復活しました
研修中の家賃光熱費は会社が全額負担してくれるそうで結構嬉しいです

レオパレスは騒音の面で色々と悪評を聞きますが色々必要な電化製品が揃ってて住みやすいです
IHのコンロが2つ、まともなサイズの冷蔵庫があるだけで自炊する気が大幅に上がっています
以前下宿していた時はコンロ1個、物を切るスペースが無い、
冷蔵庫が小さくて物入らない、冷凍保存が出来ないとまあ酷い有様だったので…
まともな冷凍庫があるのでスーパーとかで見かける2リットルサイズのバニラアイス買いました
実家だとでかくて邪魔と言われて買って貰えず、
今までの下宿先だとアイスを冷凍保存できなかったので買えて嬉しいです

やっぱりアイスはバニラですよね
そう言えば関西圏のネカフェではやたらとアイス食べ放題を見かけたのですがたまたまでしょうか
寮にいた時は土日はかなり観光して食べ歩きして楽しかったのですが、色々と疲れていたみたいです
東京駅に帰ってきた時は帰ってきたーって感じがして凄く落ち着きました

寮にいた時と比べて今の方が楽で楽しいです
こう言う生活が続いてくれるといいんですけどね


おまけに何切る

http://tenhou.net/2/?q=23456m12234667s6s

7sが一番広いですが2356m引いてもどうしようもないので2s辺りを切るのがいいでしょう
1s切りの方がタンヤオ付けやすいですが5sは受けが被っている上にほぼ間違いなく2-5sには取らないので、
この2s抱えるならタンヤオになる孤立牌抱えたほうがマシでしょう


これだけだと味気ないのでこの前何切るで投下した物を

何切る

東家と南家、西家と北家でコンビを組んで合計得点を競う変則ルールで打ってます
2mが2枚見えていて、手役がある分悪くは無いけれどちょっと残り枚数に不安が残りますね
そんな中引いてきた7s
さてどうしますか?


選択肢としては1p4p4sの3通りでしょうか

ぱっと見では打4pが変化と手役の両方を追っているように見えますが、
受け入れを減らして三色を追っている以上、13mを落とす価値のある変化は一通変化の89sだけです
そして入ったところでそこまで良くなっているわけではありません
良形変化が多いように見えて実は…という手です

上家が聴牌濃厚なので、個人的には打4sは十分ありだと思います
すぐに局が終わりそうであればとにかく聴牌しなければ勝負にならないので、
手代わりより早巡の聴牌を優先と言う考え方もあるでしょう

打1pはかなり手代わりを期待した打ち方ですね
まだ巡目が多いので勝負するのであれば勝ちやすい形で勝負したいと言う感じでしょうか

私としては打4pがぱっと見に比べてかなり悪い事が面白い形だったと思います
スポンサーサイト

そろそろまぜろよ

ネカフェからこんにちわ
最近は忙しいと言うより寮の場所が隔離されていて中々外に出られません
もうすぐ連休に入って、その後レオパレスに入る予定ですが


それはさておき、以前からちょこちょこと段階を踏んで確率の話をしてあと何回か話す予定だったのですが、
ネットから離れていたら一番言いたかった事を忘れかけていました
ということで途中ですがその話を軽くしておきましょう


統計を取り、確率や期待値を出す場合、どんな条件の下で出したのかが重要であり、
条件が変わればその確率や期待値は大きく変わる場合もあればほとんど変わらない場合もあると言う話をしたと思います

確率から平均○○巡で~とか○○枚あるから手代わりを~とか厳密に期待値を出すのは重要だと思います
その条件下ではこの位だと言う目安は大事ですから
ただ、期待値のとり方は結構アバウトな条件な事が多いので、実戦でその厳密に出した期待値をきっちり守る意味は薄いんですよね

例として、手を崩して手代わりを待つかどうかの条件です
基本的に手代わりを待つのはデジタルでは不利と言われています
実際に、かなりの手代わり枚数がなければ逆転しないのですが、
逆転するかしないか位の枚数があると、手代わり枚数が多少増減したところでそこまで速度に影響しないんですよ
十分早いなら速度の変動の重要度は下がって打点や点数状況などの他の要素の重要度があがるでしょう
その辺を検討で細かく話しているのを見て疑問に思いましたね

この位の価値があるんじゃないかとか正しく加味していくのは難しいですけどね、
期待値と言うのはあくまでもある条件の下で平均してこの位期待できると言う値の事ですからねえ


あと、人間気を配れる部分には限界があるので
誤差みたいな部分に気をとられて他をミスしてしまうのなら、
上達してその部分に気を配る余裕が出るまで意識しなくても十分かなと思うんですよね
自分の中で優先順位をしっかりつけましょう

自分の打ち方が正しいのかどうか迷ったら強い人に聞けばいいんです
強い人のほうが正しい可能性は高いですから
どうしても誤差が出るんだから本当に細かい部分はアバウトで十分なんですよ


今月の29日から実家に戻れます
麻雀打ちたい…

期待値について

期待値とは
試行の結果が数字で表される場合に、1回辺りどの位の数値が期待出来るのか
そんな意味の言葉です
統計で期待値を出す事は、平均値を出す事とほぼイコールですね

ポーカーなどのように運が大きく絡むゲームでは、
期待値を基にしてどう動くのが一番得かと言ったセオリーが出来上がり、
セオリーを基にして心理戦等の駆け引きが出てきます
大体は自分で出来る事が限られている上に、情報量が少ないので期待値などは自分で簡単に計算出来るはずです

将棋やチェスなどのゲームは最適な打ち方を模索するために物凄い計算を行わなければいけませんが、
プレイヤーの腕のみで決まり、運は絡まないので確率や期待値などを取り入れる意味がありません

麻雀は運の要素と腕の要素が両方とも大きく、
ポーカーのように運の要素が含まれているため、勝つために期待値が重要になりますが、
将棋やチェスのように自分で出来る事や情報の量が多く、さらには不確定要素まで多いので期待値の計算が複雑になっています
これらの期待値を自力で計算するのはかなり無理があるでしょう

基本的には確率の考え方と同じなのですが、期待値が複雑になってしまう原因を一つ挙げておきましょう
麻雀は収支や順位を競うゲームなので、
得点期待値が高い打牌が優れているとは限らないと言う点です

オカは2万5千の3万返しなので、+15、-5、-5、-5です
ウマは例えば10-20であれば+20、+10、-10、-20となっており、
この場合、1着まくりには+30の価値、2着まくりには+20の価値、3着まくりには+10の価値があります
点数状況によって得点の価値が全然違っている事自体は理解している人が大半だとは思いますが、
2着まくりと3着まくりの価値が違うなど、あまり意識した事が無い人も多いのではないでしょうか

得点期待値的に考えると損だとしても、全体を考えると無理して大きな手を狙った方がいい、または安手で確実に上がったほうがいい場面と、
色々意見が分かれて面白いのですが結論を出すのが難しいですね

麻雀は不確定要素が多いので期待値に頼りたい事が多いのですが、
その肝心の期待値を調べる事がまた難しいのはどうしたものか…

足し算と掛け算

ふと麻雀の正着が分かり辛い原因を考えてみました


有効牌、安牌、危険牌の増減など目に見える部分は足し算と引き算です
肝心な確率や期待値などの増減は複雑な掛け算と割り算で、実際の数値と人の感覚でこの位だろうという数値がかけ離れる事も多いです

当たり前過ぎて特に意識した事も無い人が多いと思いますが、この辺も結構大きいのではないでしょうか


例えば聴牌までの速度に関して言えば、そのものずばりのこの形からは聴牌まであと何巡程度かかるか、と言う期待値が最も重要な指標となるはずです
当然ながら有効牌の枚数が増えれば聴牌までにかかる巡目が減り、有効牌の枚数が減れば巡目が増えます

有効牌の増減は足し算と引き算で増加量が固定されていて、全体の麻雀牌の数は136枚と一定なので、
有効牌が多いほど、受けを増やした時の効果が薄れてきます
同じように受けを増やそうと思っても、局面次第でその受けの形を作る価値が全然違いますね


序盤の安牌の抱え方などを考える機会が最近多いのですが、
安牌は全く意識しなくてもいつの間にか増えていたりと運に左右される不確定な物なので、
自分が上がって相手の手を潰す可能性を考えたり、
不確定に期待するのではなく確実に降りる牌を抱えておく手である、
オタ風等の安牌候補が今後安牌になってくれるかどうか分からない、
途中で安牌は増えるので、ある程度安牌があれば危険牌をほぼ切る必要が無くなって一気に放銃率は下がるから、この辺まで抱えておけば十分など、
とにかく考えないといけない要素が多すぎて頭がフットーしそうです

あれ…今気付いたけど何切るとか考察ばかりして最近全然打ってないような…


その話は置いといて、と

私の親戚に将棋で高段位を持っている人がいるのですが、
その人は麻雀もたしなんでいてそっちも超強いと言う話をこの前親から聞きました
かなり年寄りで、将棋が強い事から考えて、読みが得意で強いタイプなのだと思います
新年の挨拶や法事で会えるなら何とかして麻雀を見てみたいです
やっぱり麻雀を打っていれば読みは憧れますからね
私ももっと上達して余裕が出てくれば読みにも重点を置きたい所ですし

それからその親戚の話に関連してトッププロ棋士の逸話を聞きましたが頭おかしいですねあの人達
あの人は棋士になれなかったから東大行ったんだとか
天才っているんですよねー本当に…

確率まとめその2

自分で統計をとる場合の注意点

自分で統計を取る場合は、試行回数が十分多いかどうか確認して下さい
ランダムに統計を取ったとしても、短期的にはかなりの偏りが出ます


例えば、0から9までの10種の数字をランダムに5個並べろといわれた時、皆さんはどう並べるでしょうか
5個程度なら偏りが出ないようにばらばらに並べるのではないでしょうか

その5個の間で同じ数字が出てこない、つまり一度も偏りの出ない確率は、30%程度です
乱数を取ると短期的に見て偏りが出ると言われるのは大まかに言うとこう言う事です

偏ってばかりじゃ確率なんて意味無いんじゃと思うかもしれませんが、
偏り方にも確率が影響してきますし、
あっち側に偏る事もあればこっち側に偏る確率もあるので、
長期的に見ればほぼ間違いなく確率通りに収束します

もちろん長期的に見て収束するというのは、偏りの反動が来るとか収束する向きに力が働くからではありません
長期的に見た時、短期的な偏りが起こっても全体にほぼ影響しなくなるからです

麻雀ではこの偏りを流れと呼び、
その流れがどう偏るのか読み取って最善手を考えようとするのがオカルト、
流れは読めないものだと割り切った上で最善手を考えるのがデジタルだと私は考えています
あ、トイツ場とか理屈で説明できる物は除きますよ

話がそれましたが、このように短期的なデータではあまりデータとしての意味を成さないので、
あまりその結果にとらわれない方がいいでしょう

また、麻雀では1000回位は打たないとデータとして意味を成さないとよく言われたりもしますが、
よっぽど安定した打ち筋の人でなければ、1000回も打てば途中から大きくスタイルが変わったり上達します
数百回打ってからスタイル変えても中々結果にはあらわれません

そのため、私としては個人的に自分のデータを見る場合、
対局数等の量は多ければ多い程いいと言う意見にはかなり疑問を感じます
必要なのは「今」と「昔」が混ざったデータではなく、「今」のデータなのですから
和了率、副露率など、打ち方や面子次第で大幅に変化するデータを利用する際は特に注意が必要です

データを取って、とつげきさんみたいに本を出したりして一般向けにこうだ!と公表する場合は、
十分なデータの量があると言う条件の上で、
同じ様な打ち方をする、もしくは打ち方が変わってもあまり影響しない部分を取り上げる
と言う2つの条件が必要になってきますが、個人的に利用する場合はそこまでする必要はないですからね

もちろん本に載っているような確率も、喰いタンありなしや赤のありなしと言った条件は簡単に変化しますし、
セオリーが変化すればそれに対応した新しいセオリーが出てくるかもしれません
こう言った物は不変の物ではないと頭の隅に入れておいた方がいいでしょう


最後に、上でも言ったように実際の確率と人が体感する確率と言うのは大きな開きがあります
経験からくる感覚で導いた答えは実際には間違っているかもしれません
例えば、この形からはこう切るはずだ、つまりこの形からこう切ってこの待ちになっているに違いない、
と言う読みが正しかったとしても、そもそもこの形になる可能性が低ければその待ちになる可能性も低くなります

こんな事を避けるためにも確率を組み合わせて考える事は大事なのですが…
麻雀でははっきりとした答えを導けない事の方がはるかに多いです
そんな時は自分より結果を出している人に聞けば概ね正しい事が多いので、話を聞いて参考にするといいでしょう

次は期待値の話をするつもりです
得点失点の期待値はおおまかな予測でも本当に難しいんですよね・・・
麻雀での速さは大事な事ですが、期待値の考え方が抜けているデジタル雀士はかなり多い気がします


おまけの他人の牌譜から何切る

http://tenhou.net/2/?q=22278m223p33356s3p
東家 ドラ1s 6順目

門前の聴牌効率だけで言えば2pか3p落としですが・・・
大して速度が変わらないのに打点が違いすぎる上にタンヤオ不確定なので、
よっぽどの理由が無ければ78m落としでいいでしょう
鳴いても三暗刻もしくはトイトイが付けば親なので7700が確定します
トイトイはソーズを重ねるだけの1手手替わりで確定するため、曲げて裏を乗せに行くよりはるかに簡単に打点が上がります
スーアンも一応期待して打ちますよ・・・7700確定したら鳴いて聴牌取りに行きますが


http://tenhou.net/2/?q=6m127p23055888s42z
東家 ドラ4p 2巡目

一応2シャンテンですが…12pいらないですよね
例え3pが直接入っても役無しドラ1がほぼ確定するだけなので嬉しくないです
1p切った後にすぐ2pを落とさなければドラ引きにも対応できます
本線は染め、そうでなければ不確定ですが出来ればもう1枚赤とかドラを絡めたタンヤオを付けたいところです


http://tenhou.net/2/?q=5m222556p2340s44z3p
西家 ドラ発 3巡目

これはどうなんだろうなーと思って他の人の意見を聞きました
流石に北落としはタンヤオ確定でもないのに手役を狙いすぎですかね
北落としでシャンテンを落としたかわりに抱えるのが3pでは微妙です
3556pの二度受けは2pのアンコと言う壁がある以上手替わりが期待できず、
7p引いて4pカンチャン待ちになったらもう聴牌しても外したいくらいの場所なので、
打3pで良形の門前でリーチを狙いに行くのが無難だと言う話になりました

http://tenhou.net/2/?q=2225m556p2340s44z3p
個人的にはこっちの形なら北落とししたいですかね
これなら受けが被らずタンヤオに仕上がりやすそうなのと、7p入って4p待ちも手役があれば余裕で許容範囲です
シャンテン落として頭を作る手間はこの巡目でこの形から聴牌まで仕上げるのであればそこまで大きな差にはならないはずなので、手役を付けやすい事を考慮すればひっくり返るレベルだと思います
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

古明地さとりん

Author:古明地さとりん
天鳳で麻雀とかやるよ
フリーは2級でR1800行ってから面倒になったので放置中
疑問、質問、忠告等々ありましたらコメント欄にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。