スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待値について

期待値とは
試行の結果が数字で表される場合に、1回辺りどの位の数値が期待出来るのか
そんな意味の言葉です
統計で期待値を出す事は、平均値を出す事とほぼイコールですね

ポーカーなどのように運が大きく絡むゲームでは、
期待値を基にしてどう動くのが一番得かと言ったセオリーが出来上がり、
セオリーを基にして心理戦等の駆け引きが出てきます
大体は自分で出来る事が限られている上に、情報量が少ないので期待値などは自分で簡単に計算出来るはずです

将棋やチェスなどのゲームは最適な打ち方を模索するために物凄い計算を行わなければいけませんが、
プレイヤーの腕のみで決まり、運は絡まないので確率や期待値などを取り入れる意味がありません

麻雀は運の要素と腕の要素が両方とも大きく、
ポーカーのように運の要素が含まれているため、勝つために期待値が重要になりますが、
将棋やチェスのように自分で出来る事や情報の量が多く、さらには不確定要素まで多いので期待値の計算が複雑になっています
これらの期待値を自力で計算するのはかなり無理があるでしょう

基本的には確率の考え方と同じなのですが、期待値が複雑になってしまう原因を一つ挙げておきましょう
麻雀は収支や順位を競うゲームなので、
得点期待値が高い打牌が優れているとは限らないと言う点です

オカは2万5千の3万返しなので、+15、-5、-5、-5です
ウマは例えば10-20であれば+20、+10、-10、-20となっており、
この場合、1着まくりには+30の価値、2着まくりには+20の価値、3着まくりには+10の価値があります
点数状況によって得点の価値が全然違っている事自体は理解している人が大半だとは思いますが、
2着まくりと3着まくりの価値が違うなど、あまり意識した事が無い人も多いのではないでしょうか

得点期待値的に考えると損だとしても、全体を考えると無理して大きな手を狙った方がいい、または安手で確実に上がったほうがいい場面と、
色々意見が分かれて面白いのですが結論を出すのが難しいですね

麻雀は不確定要素が多いので期待値に頼りたい事が多いのですが、
その肝心の期待値を調べる事がまた難しいのはどうしたものか…
スポンサーサイト
02 | 2010/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

古明地さとりん

Author:古明地さとりん
天鳳で麻雀とかやるよ
フリーは2級でR1800行ってから面倒になったので放置中
疑問、質問、忠告等々ありましたらコメント欄にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。