スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確率のお話①

確率の考え方はギャンブルにおいてよく誤解されるので少しずつ話していこうかと思います
まず確率について簡単に話してみましょう
確率の定義は、ある試行が行われた後、ある事象が現れる割合を数値で表した物です

1枚のコインを投げました
表が出る確率はいくつでしょう

これを厳密に答えると、正解は「分からない」です

「コインの表と裏が出る確率はそれぞれ2分の1」と言われているのは、
「コインの裏と表が出る確率は完全にランダムだ」、と仮定しているからです
実際は重心がわずかに偏ったりして厳密には2分の1にはならないはずです
普段は一々表と裏が出る確率は同じだという前置きを省略しているだけで、
実際は仮定の上に成り立っている数字なのです

それでここからが本題なのですが、
完全にランダムだと仮定したら偏りは出ないのかと言うとそんな事は無いのです
長期的に見ればその確率に収束しますが、短期的に見れば偏る方が普通なのです

極端な例になりますが、コイントスを4回した時に一切偏りが出ない確率を考えてみましょう
4回した時の組み合わせは全部で2×2×2×2=16通りあります
その中で一切偏りが出ない組み合わせは
表裏表裏 裏表裏表
の2通りしかありません
つまり偏りが出ない確率は8分の1です
4回のトスを8セットやった場合、その内の7セットはどこかで偏っているのですよ

このように短期的に見て偏りが生じるのは確率を考えればごく自然な事なのです
とりあえず説明するために簡単な例を出しましたが、他の物も大体こんな感じです

長期的に見てこれが収束するのは、逆側に偏る事もあるのと、
ちょっとした偏りは長い目で見れば誤差になるからです
こっちに偏ったから次は逆側に偏るんだーとかそう言う話ではないです

この辺の理由から、統計を取る場合は回数を多くしないとデータとしては不十分なのです
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

確立・・・・わかってるんだけどねぇ、
理不尽すぎるくらい片よられちゃうとなぁー

No title

分かっていても割り切るのは難しいね
ただ知っていれば少しは駄目な時の諦めがつきやすくなるかも
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

古明地さとりん

Author:古明地さとりん
天鳳で麻雀とかやるよ
フリーは2級でR1800行ってから面倒になったので放置中
疑問、質問、忠告等々ありましたらコメント欄にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。