スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確率の話②

麻雀ではよくデジタルとオカルトと言う言葉が出てきます
人によってその辺の言葉の定義が違っている事もありますが大体こう言うことです

オカルト麻雀とは、ツキや勢い等の流れを分析して打つことです
デジタル麻雀とは、その流れ等の考え方を排除した上で状況判断をして打つことです

ギャンブルと流れなどの考え方は切っても切れない縁でして、
麻雀も同じように最近まで流れ等が最重要視されていました
ある時、そのような流れ等の抽象的な考え方を排除して打つべきだと主張する人が出てきて、
その打ち方の事をデジタルと呼び、それと対比される事で今までの考え方はオカルトと呼ばれるようになりました

基本的にどちらも勝つ事、楽しむ事が目的であって、自分が持っている情報から状況判断をして打つ牌を決める訳です
この2つの違いと言えば考え方に客観的な根拠があるか無いかだけなんですよ
偏りはあってもどう偏るかまでは判断材料が無いので読めないと考えるのがデジタルです

デジタルは打ち方が変わらないとかつまらないとか言われたりする事があります
確かに最終的には全く同じ状況なら全て同じ打牌になります
ですが、そもそも突き詰めていけば同じ状況なら同じ行動を取ると言うのはどんなゲームにも言える事です
それに、意見が変わらなくなるほど麻雀の底が浅いわけが無いでしょう
デジタル麻雀において牌効率は確かに重要ですが、それだけではないんです
他にも状況判断の材料として仕掛けやら相手の河や点数状況を見る等と本当に色々あるんです

でも大体似たような打牌になるよね?と思うかもしれませんが、
上手くなれば打つ牌は大きく変わらなくなるのはオカルトでも一緒です
例えば亜空間で有名な、故 安藤プロが毎回毎回亜空間をやっていた訳無いじゃないですか
ああ言う人はデジタルとか意識しなくても基本が出来てるから強いんです


長くなりそうなので微妙ですが今日はこの辺で締めておきます
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ハイパイからの構想や仕掛けをデジタルで説明できたらサイキョー!
後者は現在理論構築中で少しはなんとかなるのかもだけど、
前者は見通し真っ暗。
押し引きや順位取りなんかはデジタル以外ありえないけど。

あ、勘違いしないでよ!アタイデジタルなんて大嫌いなんだからね!
画餅だもん

No title

まあセオリーなんて変化しますからね
曖昧な物を完璧に説明しようとするのは難しいと思います
牌効率とかは変化しようが無いのでそこまで激しい変化は見られないかもしれませんが
私の中のオカルトとデジタルの境界は流れ論を取り入れているかいないかの違いだけです
牌効率の考え方を取り入れたりしたらデジタルになるのかと言えば違うと思います
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

古明地さとりん

Author:古明地さとりん
天鳳で麻雀とかやるよ
フリーは2級でR1800行ってから面倒になったので放置中
疑問、質問、忠告等々ありましたらコメント欄にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。